カラープリンターはどのようにして作られている?

>

カラープリンターの印刷方法について

プリンターの種類、インクジェット式

こちらでは家庭用に使用されている一般的なインクジェット式のカラープリンターについてご説明していきます。
まずインクジェット式プリンターは直接用紙にインクを噴き付けて印刷をするプリンターのことを指します。
インクを噴き付ける方法はメーカーによって違いますが、インクを微粒子に変え噴き付けることで印刷することができます。
性能の特徴として、色の再現が高いことですが、これはインクを用紙に直接噴き付けていることで出来るポイントです。
コスト面をみると本体価格が安いことや消費電力が少ないことがメリットとしてあげられますが、デメリットは印刷枚数が多くなるとインクタンクが小さいので交換頻度が多くなりコストが悪くなります。
これらを考慮すると印刷頻度が少なく色の再現を重視する方におすすめです。
以上の点をまとめると全体的に家庭用としてバランスが取れているので、インクジェット式プリンターを使用している方が多くみられます。

ドットインパクト方式、レーザープリンタ

一般家庭で使われているインクジェット式プリンターの他にドットインパクト方式とレーザープリンタがあり、こちらの2種類について説明していきます。
ドットインパクト方式とはプリントアウトとして初めて実用化された方法で繊細なピンを字の形に合わせて押し出しそれ以外のピンは引っ込める。
これをインクリボンを挟んで紙に強く打ち付けることでインクが紙に付着し印刷していきます。
インクジェット式等の普及や印刷時の音が大きい等の理由から一般的な用途では使用されなくなったが複写用紙などはこの方式しか印刷できないため事務用途では現在も使用されています。
レーザープリンタはドラム表面にレーザー光を照射してトナーと呼ばれる粉末のインクを付着させることでドラムを回転させながら用紙に押し付け転写します。
インクジェット式と比べると高品質で印刷も速いが機体が複雑で大きく価格も高いことからオフェス向けの製品が主流となっています。


TOPへ戻る